《公的保険》公的年金の3つの種類(国民年金、厚生年金、共済年金)

 年金はわかりにくいと思われがちですが、一度わかってしまうと簡単です。公的年金には3つの種類があります。

 それぞれ、所属している会社や役所など働く場所によって所属する年金が違ってきます。

 

・「国民年金」
 国民年金は職業などにかかわらず、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する年金です。国民年金は「基礎年金」ともいわれていて、日本の年金制度のベースになる年金です。

・「厚生年金」
 会社員は国民年金にプラスして厚生年金にも加入しています。この分は上乗せになるので、「国民年金」+「厚生年金」として受け取る額が加算されます。

・「共済年金」
 公務員は共済年金という年金にも加入します。これは、会社員の厚生年金のようなもので、「国民年金」+「共済年金」という形で受け取る額が加算されます。

おすすめ記事

コメントを残す





*

<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP