【保険の注意】保険のリスクはインフレ

 保険の営業の方が言うには、保険は人生のリスク回避になるということです。話を聞いていると、保険にはリスクが無いような説明をする方が多いです。では、保険にはまったくリスクが無いのでしょうか? 

 「保険のリスクは?」とあまり質問する人はいないと思いますが、実は保険にもリスクはあります。保険の営業の人と話をするときがあれば、質問してみましょう。

 

◆保険のリスクはインフレ

 保険は、基本的に「契約時に将来受け取れるお金の額が決まっている」ものです。そして、長期間に渡る契約が多いのも特徴です。したがって、契約時からインフレが続いてしまうと、保険金を受け取る頃にはお金の価値が下がって、十分だと思っていた金額ではなく、物足りなくなってしまうという可能性があります。

 例えば、今は100円でハンバーガーを1つ買えますが、もしインフレが続きハンバーガーが1つ1,000円になっている将来に保険金を受け取ると、1,000万円の価値が100万円くらいの価値になってしまいます。

 ただ、そのときには、日本経済や自分の給料がどうなっているかまではわかりません。そこまで気にする必要がないと思えばそれまでだと思います。

 

◆長期期間資金が固定される

 掛け捨て以外の積み立ての生命保険などは、長期に渡って資金が固定されてしまうというリスクがあります。長期期間に渡って資金を固定され、途中解約すると支払ったお金よりも少なくなる場合もあるので、インフレなどの社会情勢が変わってもすぐに対応できません。

 保険の営業の中にはとても説明が上手な人がいます。リスクをまったく感じさせないように、良い所をとても上手に説明してくれるので、保険が万能であるかのように感じますが、完璧なものはないので、もちろん保険にもリスクはありますし、インフレ以外のリスクもあります。

 保険の説明を受けるときに、しつこくリスクについて聞いてみましょう。ここに書かれているリスクを説明してくれないような人って本当に大丈夫なのでしょうか? 保険の営業の人の中には知識があまり無くてちゃんとした説明もできない人もいるので、リスクのことを質問して試してみましょう。

おすすめ記事

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP