《公的保険》〜健康保険の種類〜

 民間の保険を検討する前に、まず知ってほしいのが公的な保険です。日本の健康保険は知れば知るほど素晴らしいと思いました。民間の医療保険ではとてもカバーできないような内容の補償があります。

 健康保険は3種類の別れています。

・「健康保険」
・「共済組合」
・「国民健康保険」

です。これらは、職業や年齢などによって加入先が変わってきます。

 

◆「健康保険」

 会社員やその家族が加入するのが「健康保険」です。健康保険もさらに2種類に分かれています。

・「組合健保」…企業が健康保険組合を作って運営する
・「協会けんぽ」…国あ全国健康保険協会に委託して運営する

 

◆「共済組合」

 公務員が加入するものが共済組合です。

 

◆「国民健康保険」

 健康保険、共済組合以外の自営業者などの地域住民が加入する保険です。これは市町村によって運営されています。

 

◆それぞれの保険の違い

 それぞれ運営している機関が違うので、窓口が違います。保険証を見てもらえばわかりますが、発行元がそれぞれ違います。

 医療費が高額になったときの高額療養費制度の申請する先も、それぞれの保険証の発行先になっているので注意しましょう。

おすすめ記事

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP