《保険の基礎知識》主契約と特約

 保険には契約と主契約というものがあり、保険の加入を検討するときには必ず出てくる話だと思います。

 保険は突き詰めれば単純な内容の商品ですが、この特約があることでいろいろな組み合わせができ、保険という商品が複雑になっています。

 

◆主契約と特約

 主契約とは、保険という商品の元になる契約でそれだけで契約できるものです。それに対して特約は主契約を契約しないと契約できない単体では契約ができない商品です。

 例えば、医療保険の場合、先進医療特約という特約がありますが、先進医療特約は主契約である医療保険に加入しないと入ることができません。先進医療特約は掛け金が月々100円から数百円と安いため、先進医療特約だけに加入したいという方もいるようですが、今のところ先進医療特約に加入するには医療保険に加入するしかありません。

 

◆特約とは?

 特約は主契約に付加して契約するもので、主契約の保障内容を拡充するような商品です。例えば、生命保険にガン特約や入院特約をつけて、がん保険や医療保険の内容を生命保険で補ったりするような商品もあります。

 特約をつければ、その分保険料が高くなってしまうので、無駄な特約をつけないように本当に必要な特約なのか吟味したうえで付加しましょう。

 

◆特約の注意点

 特約はあくまで主契約に付加する契約です。先ほど、主契約がないと特約に加入できないと説明しましたが、それは解約まで見越した上で加入しましょう。

 例えば、生命保険に入院特約をつけて加入していた場合、生命保険がいらなくなって医療特約だけを残したくても、生命保険だけを解約するということはできません。その場合は、一旦別の主契約で医療保険に加入し、その後、医療特約付きの生命保険に加入する必要があります。(このとき、先に新しく入りたい保険に加入してから解約しないと、新しい保険の加入を断られたら保障がすべてなくなってしまう)

 もし、病気になっていて新しく医療保険に入れない場合は、そのまま医療特約付きの生命保険に入るしかないです。また、年齢が上がって新しく保険に入り直す場合、若い時より保険料は高くなります。

 本当に必要な特約内容で、主契約として入れる保険があれば、そちらも検討しておいたほうが良いと思います。

おすすめ記事

コメントを残す





*

<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP