《知ってお得な保険情報》自動車保険のロードサービスとJAFの違い

 以前は、車の急なトラブルに備えてJAFに加入している人が多かったですが、最近では自動車保険のロードサービスが充実してきたので、それだけで満足しJAFに加入しない人も多いです。

 しかし、JAFと自動車保険のロードサービスは違います。

 

◆サービス対象が違う

 JAFは会員になった「人」を対象としています。そのため、会員が自分の車以外の車を運転していた場合でも、JAFのサービスを受けることができます。

 一方、自動車保険のロードサービスは「車」が対象です。そのため、契約対象の車を契約者以外の人が運転していてもロードサービスを受けることができます。

 

◆費用が違う

 JAFは専用のサービスなので、サービスを受けるためには年会費がかかります。

 自動車保険のロードサービスは自動車保険に付帯しているものなので、入会費や年会費はかかりません。また、ロードサービスを利用したからといって等級が下がることもありません。

 

◆ロードサービスの利用

 以前、バッテリーが上がってしまったときに、自動車保険に付帯しているロードサービスを利用しました。保険会社の案内に書いてあったロードサービスの連絡先に電話すると、オペレーターの人が出て状況を確認してその後、近くの提携している修理工場から折り返し連絡があり、来てくれることになりました。

 すぐに、提携修理工場の人が来て、バッテリーの復旧をしてくれました。迅速な対応でした。費用はもちろん無料でした。

 いざというときにかなり助かるので、一度自動車保険のロードサービスの内容を確認してみると良いと思います。だいたいのロードサービスに、パンクの対応やカギの閉じ込め対応、バッテリー上がりなどの「緊急修理」と、動けなくなった場合に最寄りの修理工場まで運んでくれる「レッカー」と、ガソリンがなくなった場合に届けてくれる「ガス欠」が含まれていると思います。

おすすめ記事

コメントを残す





*

<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP