《保険の見直し》転換に注意!

ChalkBoard 20140922 134850

 保険の本などを読んでいると、保険の見直しの注意点の中で「転換」という言葉が良く出てきます。一般的にあまり使わない言葉ですが、保険を検討する人や見直しを考えている人は必ず覚えておいて欲しい言葉です。

 保険の見直しを考える前にはまず「転換」について知ることから始めましょう。

 

◆転換とは?

 昔ながらの保険会社の生命保険に加入していて、これから見直しをしようと思っている人は注意してください。いくつもの保険を扱っている保険ショップではないと思いますが、昔ながらの保険会社では「転換」を勧めてくる場合があります。

 転換とは簡単に言うと、今加入している保険を下取りして、新しい保険を加入させることです。

 このときに営業はセールストークとして、「新しい契約の保険料は下取りした分だけ安くなります」という言葉を使ってくることがあります。では、本当に安く鳴るのでしょうか?

 

◆解約返戻金を使うだけ

 先ほど、転換は下取りに出すようなものといいましたが、もう少し詳しい流れを説明すると、現在入っている保険を一度解約して、そのときに戻ってくる解約返戻金を新しく契約する保険に一括払いで払い込む方法です。まとまったお金が解約返戻金で溜まっていた場合に、そのお金を充当するので保険料が安くなるという仕組みです。

 たしかに安くなりますが、結局は自分のお金です。セールストークを聞くと、保険会社が安くしてくれるようなイメージを受けますが、実際には保険会社からのサービスのようなものはありません。

 車の下取りの場合は、下取りに出して新車を買う時には中古市場に売るよりもちょっと高めで引き取ってくれることもあるそうですが、保険の場合はそういう話は聞いたことがありません。

 自分の定期貯金を下ろして、手数料を払って新しい定期貯金に入るようなものです。

 

◆なぜ転換を勧めるのか

 なぜ転換を勧めるのか。それは、新規契約になるからです。営業の仕事は契約であり、常に新しい仕事を取ってこないといけません。しかし、常に新しい人が保険の契約をし続けてくれるわけではないので、営業もいつかは困ります。

 そういう場合に、保険の見直しを勧めながら、転換という方法で新規の契約を取ってくるのです。

 ちなみに、保険料を厳密にみていくと、その内訳には事務手数料や営業経費などもしっかり入っています。今入っている保険が、本当にどうしようもない保険なのであれば解約して入りなおしても良いかもしれないですが、新しく入り直すということは、その分新しく事務手数料や営業経費などを払うのも同じなので、ちゃんと説明を聞いて、今の保険より本当に良いのかを確認してから新しい保険に入りましょう。

 

おすすめ記事

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP