《保険の加入方法》銀行の窓口

 以前は銀行では保険を取り扱っていなかったのですが、法律が変わって銀行でも保険を扱えるようになりました。

 銀行の窓口にたくさん保険のパンフレットが置かれるようになったのは、そのためです。

 

◆銀行の窓口で保険に入るメリット

 特にメリットを感じません。

 よく銀行に行く人は、相談がしやすかったり、行きやすかったりというメリットがあると思います。

 保険ショップに比べて潰れる可能性が少ないということもありますが、銀行は人事異動が頻繁にあるので、ずっと同じ担当者で対応してくれるわけではないため、そのあたりはメリットになりません。

 また、保険は加入した窓口がなくなっても元の保険会社が潰れていなければ請求に問題は発生しません。

 

◆銀行の窓口で保険に入るデメリット

 保険ショップに比べて取扱商品が少ないということがあります。また、専業ではなく、兼業で保険の販売をしているような営業もいるので、そういった人の場合は、保険専業でやっている人よりも知識が少ないので注意してください。

 

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP