《民間保険(損害保険)》自賠責保険とは?

 自動車を持っている人は車の自賠責保険というものについては知っていると思いますが、自賠責保険は車検のときに自動的に加入することになるので、どういった内容なのかについて意識したことがある人は少ないと思います。

 そこで、自賠責保険について調べてみました。

 

 

◆自賠責保険の加入義務

 自賠責保険はすべての自動車やバイクに加入が義務付けられています。

 もしも、自賠責保険に加入していないと「50万円以下の曝気、または1年以下の懲役」に加え、「違反点数6点で免許停止処分」となってしまいます。

 乗用車には車検があるので、車検時に自動的に自賠責保険に加入しますが、原付きや400ccより小さいバイクの場合には車検がないため、自賠責保険の加入もれに注意しましょう。


◆自賠責保険の保障内容

 自賠責ホケの支払い限度額は、

・死亡による損害・・・最高3,000万円
・後遺障害による損害・・・常時介護のとき、最高4,000万円
            随時介護のとき、最高3,000万円
           上記以外の後遺障害のとき、最高3,000万円〜75万円
・傷害による損害・・・最高120万円
・死亡するまでの傷害による損害・・・最高120万円

 これだけ見ると自賠責保険の保障内容も意外としっかりしているのではないかと思うかもしれませんが、自賠責保険の保障内容は「対人」つまり、人に対する保障しかありません。

 もし、他の人の車にぶつけてしまったり、ぶつかって何か破損させてしまったりした場合には、すべて自腹で払う必要が出てきます。

 対人に関しても金額的には自賠責だけでは十分ではありません。実際の判例を見ると、損害額が億を超えることも普通にありえます。 

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP