《民間保険(損害保険)》自動車保険とは?

 自動車保険には必ず加入しなければいけない「自賠責保険」と任意で加入する「任意保険」があります。

 自賠責保険と違って任意保険はいろいろな種類や特約があるので、こちらで説明していきます。

 

◆自動車の任意保険の種類

 民間の自動車保険は一般に7種類の保険が1つのパックになった保険商品として売られています。その7つは大きく3つに分けられています。

・他人の身体のための保険 → 対人賠償保険
・他人のモノのための補償 → 対物賠償保険
・自分の身体のための補償 → 人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険、自損事故保険
・自分の車のための補償  → 車両保険

 

◆対人賠償保険とは?

 対人賠償保険とは、自動車事故で相手をケガさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合に、法律上の損害賠償責任を負った場合に保障される保険です。どの自動車保険にも必ず付帯しています。

 最近は、対人賠償金額が無制限のものも多く普及しています。

 

◆対物賠償保険とは?

 対物賠償保険とは、自動車事故でガードレールなどを壊してしまったり、建物を壊してしまったりしたとき、その法律上の損害賠償責任を負った場合に、その損害が保障されます。

 こちらも金額無制限プランがあります。

 

◆人身傷害保障保険とは?

 自動車事故により、契約の車に乗車中の人が死傷した場合に、加害者から賠償を受けられない分(自分の過失分)も含めて、示談交渉を待たずに損害額が保障されます。

 搭乗者傷害保険は、どちらにどれだけ過失があるかという過失割合を決めたり示談交渉をしたりして、終わったあとに保険金が支払われますが、人身傷害保障保険では、示談交渉を待たずに、過失割合に関係なく治療費の実費を受け取ることができるというメリットがあります。

 

◆搭乗者傷害保険とは?

 自動車事故により、契約の車に乗車中の人が死傷した場合に、死亡、後遺障害、入院、通院に対して、あらかじめ設定された金額が保険金として支払われます。

 

◆無保険車傷害保険とは?

 自動車事故により、契約の車に乗車中の人が、死亡または後遺障害をこうむった場合で、加害者から十分な損害賠償を受けられないとき(相手自動車が対人賠償保険に加入していないなど)に、その損害が補填される。

 以前、外国人が運転する無保険の車と交通事故にあって泣き寝入りになったという話を聞いたことがありますが、そういうときに無保険車傷害保険が役に立ちそうです。

 

◆自損事故保険とは?

 電柱に衝突するなど相手のいない事故や、追突事故など100%自分に過失があるじこで死傷した場合に保険金が支払われます。

 

◆車両保険とは?

 自動車事故により契約の車が損害を受けた場合に、保険金額が支払われます。しかし、当て逃げや電柱に衝突するなどの単独事故による損害を保障しないタイプもあります。

 

以上の各保険を表にまとめました。

  被害者への賠償 自身のための補償 
 自賠責保険  民間の「自動車保険」 
 身体の補償  自賠責保険  対人賠償保険   人身傷害補償保険 
 搭乗者傷害保険

 無保険車傷害保険

 自損事故保険
 自動車の補償     対物賠償保険   車両保険 

 

コメントを残す





*

<スポンサーリンク>

Menu

HOME

 TOP